大阪大学 石原研究室

ミトコンドリアのダイナミクスの研究をしています

トップページ »  最新!RNAウイルスへの応答におけるミトコンドリアの機能

最新!RNAウイルスへの応答におけるミトコンドリアの機能

 細胞内の構造体であるミトコンドリアの上には、感染したRNAウイルスを検知するシステム(MAVSタンパク質)が存在しています。しかし、酸素呼吸によりエネルギーを作る役割を持つミトコンドリアが、なぜウイルス応答に関わるのか、その理由は知られていませんでした。
 今回、ミトコンドリアの分裂に働くミトコンドリア上のMffタンパク質を解析したところ、MAVSタンパク質を調整しウイルス感染を制御する重要な役割を果たしていることを見出しました。さらに、このMffタンパク質は、ミトコンドリアのエネルギー生産が低下すると、ミトコンドリア上でそれを検知し、ウイルスに対する応答を弱めることがわかりました。
 栄養不足やミトコンドリア機能低下などのエネルギー低下時において、感染直後に起きる過剰な炎症反応を抑える代わりに長期的な免疫応答を維持できるようになると考えられます。これまで謎であった、ミトコンドリア上にウイルス感染を検知するシステムが存在する理由が解明されました。
 この研究により得られた新知見は、様々なウイルスに対する生体応答の理解を発展させ、ウイルス感染時の重症化のメカニズム解明に貢献することが期待されます。

 本研究成果は「Nature Communications」に公開されました。

 RNAウイルスに対する応答は、ミトコンドリアのMffタンパク質によってエネルギー依存的に制御される。

“MAVS is energized by Mff which senses mitochondrial metabolism via AMPK for acute antiviral immunity”
Yuki Hanada, Naotada Ishihara*(責任著者), Lixiang Wang, Hidenori Otera, Takaya Ishihara, Takumi Koshiba, Katsuyoshi Mihara, Yoshihiro Ogawa, and Masatoshi Nomura
Nature Communications, DOI: 10.1038/s41467-020-19287-7

無断転載を禁止します

久留米|ホームページ制作|トラストシステムズ