久留米大学 分子生命科学研究所 高分子化学研究部門

ミトコンドリアのダイナミクス

1月, 2016年

生化学会・分子生物学会でミトコンドリアのワークショップ開催

2016-01-07

2015年12月に神戸で行われたBMB2015でのミトコンドリアのワークショップを企画しました。本部門からは石原孝也さんが講演しました。多くの聴衆が集まり活発な議論が交わされました。

BMB2015WS

福井で日本ミトコンドリア学会に参加しました

2016-01-07

2015年11月に、福井で開催された日本ミトコンドリア学会に参加しました。基礎と臨床の両面からの研究報告があり、大変盛り上がりました。本部門からは伴匡人さんの発表が優秀発表賞を受賞しました。 リンク

伴受賞

また市民公開講座で講演を行いました。一般の方々にミトコンドリア研究の進展とその意義を紹介し、その様子が当日NHK福井のニュースにおいても紹介されました。 リンク

NHKニュース福井

 

私立大学戦略的研究基盤形成支援事業について

2016-01-07

これまでに本研究所を中心としたミトコンドリアに関する学内共同研究プロジェクトを進めていましたが、本年度から私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「ミトコンドリアの動的変化・破綻を伴う 疾患の治療戦略創出拠点の形成」としてさらに活発に研究を進めていくことになりました。本ホームページにおいても随時その活動を紹介していく予定です。
本研究グループとの共同研究をご希望される方は、本研究所事務室・本学産学官連携本部・または本ホームページメールフォームなどからお問い合わせください。

大学院生・研究員を募集しています

2016-01-06

私たちと一緒に研究する大学院生(久留米大学大学院 医学研究科 修士課程および博士課程)、および研究員(技術補佐員)を募集しています。
ミトコンドリアは今、幅広い生命科学・医学分野から注目されています。ぜひ一緒にミトコンドリアの研究をしてみませんか!
ご興味のある方は遠慮なくお問い合わせください。研究室の見学も歓迎します。
石原直忠  ishihara_naotada(アットマーク)kurume-u.ac.jp

修士課程では、ミトコンドリアを着目点として、幅広い教育・研究活動を行います。比較的少人数の研究室であることの特質を生かして、基本的な技術・知識から本研究室スタッフが丁寧に指導しますので、必ずしも生命科学分野の学部を卒業している必要はありません。修士(医科学)を2年で取得します。特に本コースでは、プレゼンテーション・研究室マネージメント・申請書作成などの指導も受けられ、生命科学研究環境を支える即戦力となる人材育成を考慮した教育を行います。 社会人大学院生(臨床検査技師、看護師、研究補佐員等)も受け入れていますので、お問い合わせください。

博士課程では、ミトコンドリアに関する高度で専門的な研究を行います。本部門には細胞生物学・蛋白質科学・生化学・分子生物学等の高度な研究を行うスタッフが揃っていますので、幅広い生命科学の技術及びその進展のためのノウハウを学ぶことができます。これまでもミトコンドリア研究の最先端を開拓しており、今も厳しいながらもたくさんのチャレンジを進めつつあります。ぜひ新しいミトコンドリア研究を拓くべく、私達と一緒に研究してみませんか!

その他、研究補佐員も適宜募集していますので、詳細はお問合せください。

久留米|ホームページ制作|トラストシステムズ